テレワークにゲーミングチェアはあり?バウヒュッテをレビュー。

買ってよかった

 

ゲーミングチェアってオフィスチェアに比べて安いけど、テレワークに使える?

バウヒュッテのゲーミングチェアっていいの?

・ゲーミングチェアって腰痛に効果あったりする?

バウヒュッテのゲーミングチェア(RS-950RR-BK)をテレワークに使い始めて、1か月がたちました。

バウヒュッテゲーミングチェア後ろ姿

Amaz●nのレビューでは気づけなかった、いいところ、悪いところ、がわかってきたので、

バウヒュッテのゲーミングチェアをレビューします。

 

結論から言うと、トータルでは、バウヒュッテのゲーミングチェアでの在宅勤務はかなり快です。

個人の感想ですが、わたしは腰痛がほとんどなくなりました。

ただ、座面クッションの薄さ、ヘッドレストの使い道が少し気になるので、完成された完璧なチェアを求める方には合いません

完璧なチェアを求めるなら、ハーマンミラーエルゴヒューマンなどの高級オフィスチェアを検討することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

在宅勤務にゲーミングチェアが十分使える理由

ゲーミングチェアは、オフィスチェアとして使えるレベルの機能を備えている

実際1か月使ってみて、よくわかったのですが、

ゲーミングチェアは、オフィスチェアに必要な機能をすべて備えています。

オフィスチェアに必要な機能は、

・高さの調節ができること

・背もたれがあること

・キャスターがあること

です。さらに、ひじ掛けもあると嬉しいですね。

バウヒュッテのゲーミングチェアはすべて備えています

さらにリクライニングまでできて、ちょっとした昼寝もラクラクです。

ゲーミングチェアは安いから質も悪い?

でも、オフィスチェアよりすごく安いから心配。
ゲーミングチェアは安い分、品質も良くないのでは?

私も実は心配していたのですが、実際届いて、組み立ててみて、

こんなにしっかりしてるのかと少し驚きました。

MADE IN CHINAですが、ぐらつきもなく頑丈です。

 

有名メーカーのオフィスチェアで同じレベルの機能を持つものを買おうとすると

どんなに安くても6万円はします。

 

個人相手のビジネスがメインのゲーミングチェアと違って、

オフィスチェアメーカーは、普段は法人相手にビジネスをしているので、

どうしても値付けが高くなりがちです。

法人が買うときは、ボリュームディスカウントが利くのでいいのですが、

個人で買おうとすると割高になってしまうのだと思います。

 

 

でも、人間工学を駆使したちゃんとしたチェアじゃなくて大丈夫?

確かに人間工学を駆使した高級なオフィスチェアもあります。

でも、そのようなチェアはたくさんのシリーズがあり、好みも細分化していて、

値段も10万円以上はするので、試し座りをしないで買うのはちょっと怖いと思います。

試し座りをせずに買うのなら、出費が数万円に抑えられる、

ゲーミングチェアは賢い選択といえます。

なので、試し座りをせずに無理に高級なオフィスチェアを買うより、

ゲーミングチェアを選ぶのはアリ、だと思います。

 

バウヒュッテのゲーミングチェアのおすすめポイント

おすすめポイントは、3つあります。

素材デザイン値段 です。

 

バウヒュッテのゲーミングチェアの素材はファブリックで通気性がよい

一般的に、ゲーミングチェアの素材は、合成皮革が多いです。

でも、バウヒュッテのゲーミングチェアは、ファブリック仕上げなので、通気性がいいです。

ファブリックは、一言でいえば、布張りです。

オフィスチェアで一般的に使用されているものよりも、少し硬めの生地で、

自動車のシートに近い感じです。

合成皮革と違って、汗ではりつく感じはゼロなので、座り心地がいいです。

 

シンプルなデザイン

バウヒュッテのゲーミングチェアは、ゲーミングチェアの中では、シンプルなデザインといえます。

特にわたしが購入したブラックは、ブラック×グレーの組み合わせなので、落ち着いた印象です。

ゲーミングチェアバウヒュッテ正面

ファブリック素材で表面がテカテカしていないので、部屋になじみやすいと思います。

 

バウヒュッテのゲーミングチェアは値段がお手頃

カラーにもよりますが、バウヒュッテのゲーミングチェアは、大体3万円~4万円です。

(時期により価格は変動します。)

え、高くない?

 

スペックと得られる効果を考えたら、高くないです。

例えば、イトーキのエフチェアと比較してみます。

(エフチェアはイトーキのラインナップの中では、真ん中くらいの価格帯のチェアで、高級ラインのチェアではありません。)

エフチェア ひじ掛けなし 46,546円

ひじ掛けなし、リクライニング機能なしで、この値段なので、

可動式のひじ掛けがあり、リクライニングもできるバウヒュッテのゲーミングチェアが、

格安ということが分かると思います。

 

バウヒュッテのゲーミングチェアのイマイチなポイント

一方で、ちょっとイマイチなポイントも3つあります。

・座面のクッションの厚みが足りない

・ヘッドレストがいらない

・組立はそこそこ手間がかかる

座面のクッションがあまり分厚くない

座面のウレタンクッションがあまり厚くないので、座った時に少し底につく感覚があります。

汚れ防止もかねて、手持ちのクッションをのせて使ってます。

大きさ的にはこのくらいのクッションが合うと思います。

(座面はもう少し奥行きがありますが、ランバーサポートを使うと座面の一番奥まで深く座ることはありません。)

ちょっと高いですが、バウヒュッテ純正のクッションもあります。

ヘッドレスト(クッション)がいらない

バウヒュッテのゲーミングチェアには、ヘッドレスト(取り外し可能タイプのクッション)が付いています。

でも、背もたれを立てているときには、ヘッドレストが邪魔になり使いません。

もったいないので、私は、ヘッドレストを肘置きの上に載せ、肘置きとして使ってます

 

組み立ては、素人には「超簡単」ではない

メーカーがYoutubeに公式の組み立ての動画を載せているので、見ながら組み立てれば、

特に難しいところはありませんでした。

でも、組み立ては超簡単とまでは言えません

実際、私は、家具の組み立ては初めて、非力、不器用ですが、2時間半かかりました。

そこそこ時間がかかったので、素人には「超簡単」とはいえません。

ただ、女性1人でも、十分組み立てられると思います。

 

注意点として、ケガ防止のため、軍手や手袋をして組み立てるのですが、

ねじを回すときだけは素手でやったほうがよかったです。

手袋をしていると、ねじが噛み合っている感覚がつかみにくいためです。

(手袋を外して作業するときは、ケガに十分ご注意の上、自己責任で行ってください。)

 

キャスターのストッパーがかかりやすい?

「キャスターのロックが簡単にかかってしまって困る」というレビューをたくさん見ていたので、心配していました。

でも、実際1か月使ってみて、ロックが勝手にかかったことは今のところありません

気になる場合は、キャスターはロック機能のないものに交換ができます。

付属のキャスターの大きさを測ると、軸の直径11mm、軸の長さが22mmですので

こちらこちらだとサイズが合うと思います。

 

ゲーミングチェアで1か月在宅勤務したら腰痛は・・・

筆者は、毎日テレワークをしていて、1日8~10時間座っていますが、

ゲーミングチェアに変えてから、ほとんど腰痛が起きなくなりました。

腰をサポートするランバーサポートが、いい感じに腰を補助してくれる感覚があります。

もともと使っていた椅子が、高さ調整ができない、ただのダイニングチェアだったこともあるのですが、個人的にはかなり効果がありました。

 

もっと早く買えばよかった・・

 

ゲーミングチェアを買うときに気を付けるべきポイント

ゲーミングチェアと机の高さとの関係

机が低いとアームレストがぶつかって、椅子を机の下にしまえない場合があります。

バウヒュッテのゲーミングチェアは、アームレストの高さを上下に調節できるので、

椅子を机の下にしまうことができます

私の机の高さ(天面)は70センチで、天板の厚さが8センチなのですが、

アームレストを下げれば、十分椅子を机の下にしまうことができるので、邪魔になりません。

 

床の傷つき防止(チェアマット)

フローリングの上でキャスターを動かすと、傷がつきますし、音もうるさくなりがちです。

ですので、チェアマットを買いました。

色々調べた結果、同じバウヒュッテのデスクごとチェアマット楽天にもあります)にしました。

バウヒュッテデスクごとチェアマット

滑りがなめらかで、フローリングより明らかにキャスター音が静かです。

マットのビニール臭を気にするレビューが多かったので心配してましたが、開封して1日で気にならなくなりました。

ゲーミングチェア本体の初期不良交換対応期限は、到着日から7日間なので、

しっかりキャスターの機能を試すためにも、マットはチェアと同じタイミングで届くようにしておいたほうがいいです。

 

あとから買い足して、マットがなかなか届かず焦ったからね。

 

この記事で紹介した商品のまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました