TOEICの練習問題が無料でできるサイトまとめ【2020年最新】

英語

 

  • お金をかけずにTOEIC対策したい。
  • いろんな勉強サイトがあって迷う。

 

TOEICは、テストを受けるだけでもお金がかかるのに、

問題集まで買うのは避けたいですよね。

 

実は、無料でTOEICの練習問題ができるサイトはたくさんあります。

でも、その品質はピンキリです。

もう出なくなった形式の問題を今でも載せているサイトもあったりします。

 

TOEIC990点の筆者の目から見て、

・TOEICと難易度が似ている

・TOEIC点数アップに役に立つ

と思うサイトを厳選して紹介します。

 

この記事を読めば、本当にTOEIC対策が無料でできるサイトがわかります。

スポンサーリンク

TOEIC全般の練習問題が無料でできるサイト

アルクのTOEIC練習問題

全パートの練習問題がのっていて、解き方のヒントまで教えてくれる親切設計になっています。

アルクのTOEIC毎日トレーニング

日替わりでいろいろなパートの問題が出題されます。

毎日練習問題を解くことで、コツコツ積み上げることができます。

 

アルクのサイトのメリット・デメリットは、こんな感じです。

解説が丁寧で、全訳と全スクリプト(音声台本)が載っているので、疑問が残りません
問題数が少なめです。

 

・まずはTOEICテストがどんなものか見てみたい

・気長に勉強したい

人に向いています。

 

PRACTICE THE TOEIC TEST

PRACTICE THE TOEIC TESTは、英語サイトですが、管理人的にはイチオシです。

「TRY OUR FREE SAMPLE TEST」をクリックすると、

無料で、45問・30分のミニテストを受けることができます。

practice-the-toeic-test

解き終わった後は、解説(英語)とスクリプトが見られます。

リスニング音声は、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア英語があり、

本物のTOEICに近いと感じました。

(問題は、少しだけ本物よりも易しいかもしれません。)

 

PRACTICE THE TOEIC TESTのメリット・デメリットは、こんな感じです。

問題数がそこそこあり、本番に近いリスニング・リーディングの練習ができます。
解説が英語です。

解説は、簡単な英語で書かれているので、中級者以上の方でしたら、おすすめできるサイトです。

このサイトは有料のTOEIC模試(本番と同じ200問のフルバージョン)も販売していて、

そちらは1回650円です。

激安だ

 

IIBC公式サイトのサンプル問題

日本でTOEICを運営しているIIBCの公式サイトです。

公式なので、掲載されているサンプル問題は、本物と最も近いです。

リスニング音声も、本番と同じナレーターです。

公式なので、問題がもっとも本番に近いです。
問題数が少ないです。また、解説がありません。

代わりといっては何ですが、

当サイトでPART2、3、4、6、7の一部の問題について、解説をしてますので、

サンプル問題を解いて、モヤっとしたら見てみてください。

(一部だけ、音声の書き起こしをして、スクリプトを載せています。)

 

TOEICリスニングの練習問題が無料でできるサイト

英語リスニング無料学習館

リスニングでもっとも厄介な、PART 2の練習問題が大量にあります。

しかも、日本語解説つきです。

 

PART 2の練習がたくさんこなせます。日本語解説があります。
ページの構成上、たくさんスクロールしないと解説が見られません。

 

リスニングパートの練習方法についてはこちらでも解説してます。

TOEICリーディングの練習問題が無料でできるサイト

過去問.com

リーディングのPART5とPART6の練習問題が大量にあります。

日本語解説つきです。

リスニング(PART1, 2)も問題はのっているのですが、

音声がないので、リスニングは上で紹介した”英語リスニング無料学習館”の方がいいと思います。

PART 5, 6の練習がたくさんこなせます。日本語解説があります。
PART 7(読解問題)がありません。

英語でもよければ、PART 7は、EnglishCLUB.com(英語サイト)が、

基本的なパターンの練習問題をいくつか載せています。

英語ですが、解説もあります。

 

TOEICの文法問題を得点源にするなら、こちらの記事もどうぞ。

上級者向けのTOEICのマニアック文法はこちらにまとめました。

 

TOEICの語彙力チェックが無料でできるサイト

weblio語彙力診断テスト

ゲーム感覚で、TOEICの語彙力診断ができます。

スコア別の診断と、全般的な語彙力診断と両方あります。

会員登録をしなくても、語彙力診断はできます。

これで勉強するというよりは、単語を勉強した後に、レベル確認に使うのがいいと思います。

問題数がたくさんあります。
つづけて診断できる回数に制限があります。(連続2回まで。20分たつか、20問以上正解すると、また1回分が追加されます。)

 

オンラインでTOEICを勉強するときの注意(本番との違い)

オンラインでTOEICの無料の問題を解くときに、気を付けるべきことがあります。

それは、オンラインではポチポチするだけで解答できるけど、

本番のTOEICでは、マークシートを塗らないと解答できない

ということです。

マークシートを塗るのは地味に時間がかかるので、少なくとも1回は本番と同じくマークシートで練習することをおすすめします。

マークシートの塗り方など、TOEICに効くコワザ(勉強以外)はこちらの記事にまとめています。

 

無料でもたくさん練習できるサイトはあるので、ぜひスコアアップに役立ててください。

 

TOEICまでとにかく時間がないというあなたは、こちらもどうぞ。

 

TOEICの本質的な勉強方法(3ステップ)については、こちらにまとめています。
時間があるなら、このとおりに進めるのが理想です。

今更聞けないTOEICの基礎知識はこちら。

TOEICの模試を無料で受けられるサイトは、こちらにまとめてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました