TOEICを970→990点にするのにあなたが知らない3つのこと

英語

 

  • あと少しで満点だけど、何が足りないのかわからない
  • 最後の20点を取るために必要なものは?

970点まで取れている場合、リスニングと読解はほぼ全問正解できているはずです。

筆者も実際そうでした。(990点のスコアの証拠はこちらの記事にあります。)

足りないのは、Part5とPart 6に出てくるマニアックな文法です。

忘れがちな英語のルールを3つ紹介します。

 

900点にまだ到達していない場合、この記事を読むと逆に混乱して、スコアを下げる可能性があります。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

忘れがちな英語のルール3つ

  • 関係代名詞でthatを使う方が好まれる場合
  • 疑似関係代名詞のas
  • 要求などの意味を含む文でのshouldの省略

関係代名詞でthatを使う方が好まれる場合

only, allなどが先行詞についているときは、

関係代名詞はwhoやwhichよりも、thatが好まれます。

Mr. Sato was the only employee _______ could not take summer vacation.

A. that   B. which   C. whom    D. who

thatとwhoどちらも正解に思えますが、先行詞がthe only employeeなので、答えはA. thatです。

佐藤さんは夏休みをとれなかった唯一の従業員です、という意味になります。

 

疑似関係代名詞のas

先行詞にsuchなど、asと相性のよい単語がある場合は、関係代名詞としてasが使えます。

You should choose such flowers _________ fit the interior.

A. no  B. as   C. so   D. any

先行詞がsuch flowersで、suchを含むため、asが疑似関係代名詞として使えます。

答えは、A. asです。

あなたはインテリアに合うような花を選ぶべきだ、という意味になります。

such as の他にも、same asや as ~ as構文(「同じくらい~」という意味)などで、

asが疑似関係代名詞として使えます。

 

要求などの意味を含む文でのshouldの省略

要求、提案、当惑などの意味を示す文でshouldを使うことがあります。

このshouldは日本語に訳しません。(~すべきという意味はありません。)

例えば、こんな文章です。

The conductor suggests that she should postpone the concert.
(その指揮者は、彼女がコンサートを延期することを提案している。)

しかも、アメリカではshouldを省略し、その後に来る動詞は原形のままになります。

The conductor suggests that she postpone the concert.

shouldが省略されていることに気づきにくいので、注意が必要です。

TOEICで出題されるときは、こんな問題になります。

He demanded that we ________ the rent.

A. paid   B. have paid   C. paying   D. pay

demandedは要求したという意味なので、that 以下では実はshouldが省略されていることがわかります。

shouldの後の動詞は原形になるので、D. payが正解です。

彼は私たちが家賃を払うことを要求した、という意味になります。

時制の一致と考えて、A. paidにすると不正解になりますので、ご注意ください。

(このshouldの使い方は、文法的には「仮定法現在」といいます。)

 

忘れがちな英語のルールのまとめ

  • 関係代名詞でthatを使う方が好まれる場合
  • 疑似関係代名詞のas
  • 要求などの意味を含む文のshouldの省略

 

時間に余裕があるなら、ETS Global公式が提供している、TOEICのサンプルテスト(本番同様の200問)で腕試しはいかがですか?

もちろん無料で受けられます。受験方法はこちらの記事で解説しています。

無料で受けられるTOEIC模試・ミニテスト(オンライン)
・TOEIC受けたら何点くらいとれるかな? ・無料でTOEICの腕試ししたい! ・オンライン...

 

TOEICのスコアは取れるけど、話せないならこちらをどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました